20年間業界をリードする

私たちは、複雑な問題に対する革新的なセンシングソリューションの開発に20年以上の経験を持つ、熟練した多様なエンジニアリングチームで構成されていることを誇りに思っています。研究、設計、および開発プロセスに当社の製品を適用すると、より多くのデータと洞察が得られ、より優れた製品を構築してプロジェクトの結果を向上させることができます。私たちは世界中の4大陸で50以上の小規模から大規模の企業にサービスを提供しています。当社のプロジェクトポートフォリオは、体圧マッピング、医療機器、ロボット工学、トレーニングシミュレーションなどに及びます。すべてのステップで知識、精度、品質をもたらすことを期待できます。

私達の功績

  • クラス最高の設計柔軟性、感度、および安定性を備えた独自のセンサー技術

  • センサのカスタム設計、ハードウェアとソフトウェアの統合ソリューションの豊富な経験を有する熟練のエンジニア・チーム。

  • 米国および国際的な規制機関および実務経験(FDA、CE、UL、CSA、CMDCAS、CGMPなど)

  • 11の特許が発行され、5が米国および国際的に出願中のコア特許保護

1 tactileglovehandshake.png

チムに会う

Gdobie.jpg

PPS UK社ディレクター ゴードン・ドビー博士

ドビー博士は、グラスゴーにある英国オフィスにおいて、研究開発チームと欧州事業をリードしています。ドビー博士は、ストラスクライド大学で博士号取得のため、ロボット工学および信号処理について学びました。研究の商業化に焦点を当てたエジンバラ企業奨学金協会から表彰されました。ドビー博士は、数多くの多様な共同研究開発プロジェクトのリードし、数多くの科学論文を発表してきました。彼は、新技術の開発と商業化に焦点を当てた、ストラスクライド大学とPPSとの共同研究プログラムを運営しています。

Cmacleod.jpg

DR。チャールズマクラウド、セールスリード

チャールズマクラウド博士は、グラスゴーにあるストラスクライド大学にて、医学博士号と博士号を取得しています。センシング、ロボット工学や電子工学の彼の専門知識は、多くの挑戦や産業に特化したユニークなプロジェクトに表れています。チャールズは同僚とともに、技術のレディネスレベルにおいて、いくつかの高プロファイルプロジェクトをたちあげるために取り組んできました。EUでの営業活動とビジネスの発展に責任を負うチャールズは、今後の大きな成功と成長を目指しているPPS UKチームに総合的な専門知識と熱意をもたらします。

歴史

PPS設立

1996

PPSは、静電容量式触覚セシング技術を活用および強化するために1996に設立されました。

コア技術開発

1996-1999

PPS社のテクノロジは、国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Agency)、陸軍研究所(Army Research Lab)、および国立衛生研究所(National Institute of Health)と多くの米国政府機関の支援を受けて開発されています。PPS社独自の触覚パッドを含むその他の技術要素は、産業界や大学との共同研究を通して開発されています。

応用研究開発

1999-2002

PPS社のテクノロジの可能性はNASA、MIT、およびSchick-Wilkinson Sword社等の革新的企業・組織との共同プロジェクトを通して拡張されました。新技術の開発により、ソフトウェア能力の改善、走査速度の高速化、および新しいセンサ材料の開拓等の成果が得られました。

商業技術開発

2002

PPS社は2002年から、接触圧力の分布状況を把握する必要がある顧客の製品およびアプリケーションに、自社の革新的センサ技術の適用を開始しました。過去10年に渡り、PPS社は独自のセンサ技術を用いて、医療機器、ロボット、人間工学装置、自動車等のアプリケ-ションに加えて産業機器および民生機器の開発で用いられる製品およびツールに「触覚(Sense of touch)」を提供して来ました。

2つの医療機器会社を分社化

2002-2005

PPS社は、同社のセンサ技術がそれぞれの製品の根幹を成しているSierra Scientific Instruments (SSI)社とMedical Tactile (MTI)社の2つの医療機器会社を分離独立させました。MTI社の乳癌検査システムSureTouch Breast ExamはFDA規制をクリアして、わずか5mmの小さなしこりまで痛みを伴うことなく検知し、画像を増幅し、記録及び可視化する非侵襲性検査装置です。SSI社のManoscanシステムでは、流体や食物が口から胃へ送られる時の食道内の筋肉の動きを測定・評価することも可能です。

スピンオフ家電社

2008

PPS社はImpress社(Impress, Inc.)を分離独立させました。Impress社の革新技術である3D Tactile Inputは、内部測定原理に基づいてディスプレイやタッチパネルの表面直下にシームレスに集積化することができ、タッチパネルベースのインターフェース能力を大きく拡張できる超薄型の触覚センサです。

Given Imagingが$ 35 Mに獲得したSSI

2009

SSI社が、患者に優しいGI診断および監視ソリューションの世界的大手企業であるGiven Imaging社によって3,500万ドルで買収されました。

GoSmart、Inc.別のPPSインキュベーション会社

2010

GoSmart, Inc. は、サン博士(Dr. Son)がスマート携帯装置向けの有効な旅行支援および消費者アクセサリを開発し、市場に投入するために設立した会社です。

PPSがヨーロッパに拡大

2015

PPS UKは、PPS社をEU市場に進出させるためにジェイ・サン博士(Dr. Jae Son)とゴードン・ドビー博士(Dr. Gordon Dobie)によって設立されました。PPS社は最先端の圧力センサ技術を開発するために、英国のストラスクライド大学(University of Strathclyde)と共同で研究開発センターを新設しました。

内蔵型触覚センサー製品の発売

2008 - 現在まで

PPS社のセンサ技術は、複数の顧客の製品に組み込まれ、製品に触覚(Sense of touch)を付与しています。

  • PPS社は高性能カスタム・インソールのメーカであるeSoles社と提携して、世界で最も進化した3D足型走査ボックスを設計・製造しています。
  • PPS社は脈拍センサ技術を組み込んだ新しいヘルスウォッチ「jWatch」を開発しました。
  • PPS社のセンサを組み込んだバレットハンド(BarrettHands)は、現在一般ユーザが市場で購入可能となっています。
  • PPS社の技術がLG社のスマートフォンBL-20に採用され、既に100万台以上生産されています。

私達の顧客およびパートナーの少数

한국어日本語English