カメレオンの可視化ソフトウェア


Chameleonは、追加料金なしですべてのセンサーシステムに付属しており、データの表示、分析、よびエクスポートを容易にする、フル機能の直感的な視覚化ソフトウェアです。

カスタマイズ可能な多種多様なヒートマップおよびグラフ表示(ライントレース、2 Dヒートマップ、3 Dヒートマップ、メッシュプロットなど)でデータを視覚化します。取得したデータは任意の視覚化フォーマットで分析したり、チーム共有を容易にするために画面に記録したり、Excel®、MATLAB®、Mathcad®などのプログラムで使用するためにエクスポートしたりできます。


特徴:

  • 同時に複数のPPSシステムとのインターフェースが可能。

  • 圧力分布画像データの記録、注釈付加、および編集が容易。

  • 同期ビデオをキャプチャしてアクションと分析データをリンク

  • 平均値、最大値、中心圧力の追跡など、リアルタイムでデータを分析

  • センサのデータを実際の形状に沿った3Dカラー・マップで表示することができる。

  • データをExcel®、MATLAB®およびMathcad®等のプログラムで利用可能なASCIIフォーマットでエクスポートが可能。

  • SSP社の簡便なAPIを用いてWindowsアプリケーションを開発することができる。

最新のアップデート:

  • ビデオ処理と解像度の向上

  • 複数圧力分布の可視化ツールによるリアルタイムのデータ表示。

  • データ・エクスポート設定のカスタマイズが可能。

  • 記録の長さと速度に対する制御の向上

  • 実験結果に対する注釈付加機能の強化。

  • データの損失を防ぐための自動保存と回復

  • 他のアプリケーションとのシームレスな統合のためのデータの印刷、画像としてのエクスポート、クリップボードへのコピー

  • ツールチップと改善されたヘルプ機能


3 D  - 表示(1)_ 1(1)。gif

センサーマッピング

複数のセンサーにまたがってデータを簡単にマッピング

あなたの触覚センサーは、わずか4つ、あるいは何千ものセンサー素子を持つことができます。各静電容量検出子はデジタル出力に変換され、カメレオンにライブ送信されます。これらのデジタル値は、PSIやkPaなどの物理的な圧力単位に変換され、実際のセンサーの形状を表すように空間的に整理されます。表示する特定のセンサーを選択するか、全体として表示して2 Dまたは3 Dのマップに表示することができます。


複数のディスプレイを操作する(1)。gif

可視化

データを効果的に視覚化する

触覚センサーの出力は、2 D擬似カラーマッピング(圧力マッピング)、または接触圧力に関する情報を空間的に提供する3 Dバーまたはメッシュグラフプロットで覚化できます。少数のセンシング素子(約1ダース)用のセンサでは、経時的な圧力の履歴を提供するタイムトレースプロットで各素子を視覚化できます。多数のセンシングエレメント(数百または数千)の場合は、圧力マッピングに加えて、ピーク、平均、または最小圧力値、あるいは力と接触面積をプロットできます。


 
export-chameleon-software.jpg
同期ビデオ(1)を使用しています。

分析とデータのエクスポート

重要なデータポイントにすばやアクセスし、さらに分析するためにエクスポートする

Chameleonの分析機能には、ピーク圧力、重心、接触面積、および力の計算が含まれますが、その主な目的はセンサー電子機器から触覚データを収集し、それらをユーザーに視覚的に表示することです。テキストファイルとして収集されたデータの全部または一部をエクスポートする機能は、MatlabやExcelなどのプログラムによるより詳細な分析には標準的なものです。データをビデオ録画にエクスポートしたり、スクリーンショットをコピーして画像やプレゼンテーションに貼り付けることもできます。


同期ビデオ

センサーデータの横にある実際の実験を見る

圧力マッピングがそれを生成したものと相関させることができるようにビデオはあなたの実験を記録します。特定のイベントや時間を記録するには、ライントレースをダブルクリックすると注釈ボックスが開き、データセット内の特定のイベントと時間を記録できます。


한국어日本語English