よくあるご質問


+ カスタムデザインの通常の納期は?

デザイン承認後4~6週間程度で納品可能です。しかしながら、非常に複雑なデザインの場合は多の時間が必要になります。

+ PPSセンサーが測定できる最大圧力範囲は?

PPS社ITAセンサでは、14MPaまで測定可能です。しかしながら、圧力校正出来る圧力範囲は4.9MPaまでとなっています。

+ PPSセンサーが測定できる最低限の圧力測定は何ですか?

低圧力測定のために構成されている場合、PPSセンサは0.01kPa程度の低い圧力を測定することができます。

+ PPSセンサーの最速のサンプリングレートは?

TactArrayシステムは、10 kHzまでの素子間のスキャン速度を持っています。 Digitacts 30-100ヘルツのサンプリングレートを有します。

+ PPSセンサーはどのくらいの頻度でキャリブレーションを必要としますか?

PPSセンサは、出荷前に工場で校正されています。一部の顧客は、毎年、毎月の再校正することを選択したものの、再キャリブレーションは、一般的に、必要​​とされていません。センサーの形状が原因でマウントし直すか、またはその他の要因に頻繁に変化するアプリケーションでは、より頻繁な校正が必要と思われます。

+ 変わった形や様々な大きさのセンサーを作ることはできますか?

PPSセンサは、多くの2 Dまたは3 D形状で製作することができます。 PPSセンサは、約12 "X18"に物理的なサイズに制限されていますが、それらはスキャンして、一つの測定システムとして表示されるように複数のセンサーを統合して表示することが出来ます。

+ PPSセンサーはどのような材料で作られていますか?

PPSセンサは、導電性布(CTA)、カプトン(ITA)、ライクラ(STA)、または導電性の布とカプトン(ハイブリッド)の組み合わせから作製されます。

+ PPSセンサーの最小素子サイズは?

TactArrayセンサアレイ内の素子の大きさは、しかし、実用的な解像度は、約1ミリX 2ミリに小さくすることができます。 PPSの圧力センシング技術は、検出素子間の正確な圧力補間を可能にします。

+ PPSセンサーをオートクレーブできますか?どのような滅菌技術をお勧めしますか?

オートクレーブ処理はPPSCTAセンサーの特性を変更し、永久的な損傷を与える可能性があります。我々は、使用間に交換可能な滅菌シースを使用することをお勧めします。また、PPSセンサは、ガンマ線滅菌を用いて滅菌することができます。工業用センサは、IRを用いて滅菌することができます。

+ PPSセンサーは防水ですか?

PPSセンサは、取り外し可能な防水シースを提供することができ、防水ではありません。しかし、厳しい環境で使用する場合、半永久的に防水加工を施すことも可能です。

+ センサーを折りたたむことはできますか?

センサー折りたたみは、電極配線層を損傷する恐れがあり、お勧めできません。

+ 同じコンディショニング電子機器で複数のセンサーを同時に使用できますか?

はい、私たちはしばしば、マルチセンサの構成をデザインすることが求​​められます。センサは、異なるサイズのものも可能ですが、同様の素子にする必要があります。

+ 私はすでにコンディショニングエレクトロニクスを持っています。センサーのみを購入できますか?

PPS TactArrayのセンサはPPS T4500のみで動作するもので、完全なシステムとして動作します。 DigiTactsセンサー出力SPIまたはI²Cデジタル出力のためコントローラ環境にDigitactsセンサーを統合することが可能です。

+ PPSセンサーのサンプルを入手できますか?

サンプルセンサーは通常発送しません。必要に応じて、サンプルセンサーデータと、サンプルキャプチャデータを含むカメレオン社の取得および可視化ソフトウェアAPIのコピーを提供することができます。

+ PPSはその製品をどのように保証しますか?

PPSは1年間完​​全保証で製品をバックアップします。また、定期保守契約を締結した場合、ソフトウェアのアップグレード、毎年の再キャリブレーションと完全な製品サポートを提供しています。

+ PPSセンサーの寿命は?

一般的なラボ環境ではPPSセンサは長期に使用可能です。当社の製品は、頻繁な交換を必要としません。

+ PPSセンサーにとって最も有害な条件は何ですか?

剪断力および電極配線に圧力を付加することは、PPSセンサへの損傷の最も頻繁な原因です。我々は、ご使用には注意をお勧めします。

ヘルプ記事

 

ここにあなたの質問を見ませんか?詳細についてはお問い合わせください。